【体験談】39歳の不妊治療⑰ 初めての胚盤胞移植の結果と医師の言葉!

不妊治療について

こんにちは、ソラです。

前回、初めて胚盤胞移植を受けました。

気になる方はこちら
↓ ↓ ↓
39歳の不妊治療⑯ 初めての胚盤胞移植

今日は、その結果とその後についてお話していきます。

初めての胚盤胞移植の結果

結論から言うと 陰性 でした。

ガーン (´;ω;`)ウゥゥ

ドキドキしながら診察室に向かいましたが、

医師から告げられた言葉は

「今回は残念ながら、、、」というもの

次回の移植に向けての話が始まります。

2回目の移植

移植については、前回と同じ流れなのでここからは結果だけお伝えしていきます。

2回目移植(5月19日) 

初期胚 グレード3 7細胞 1個

結果は、ふたたび陰性でした。

3回目の移植

3回目の移植(6月24日) 

初期胚 グレード2 9細胞 1個

結果は、みたび陰性でした。

4回目の移植

4回目の移植(7月29日) 

胚盤胞 4cc 1個

結果は、またもや陰性でした。

4回連続陰性のメンタル

はい!

ここまで4回連続で陰性です。

体外受精さえすれば、2~3回で妊娠するかな?という甘い考えがありましたが

現実は簡単ではありませんでした。

毎回、通院時に判定結果をもらえるんですが、

その結果を聞くまでは、祈るような気持とドキドキで

(私の場合は、フライング検査はしませんでした)

陰性という結果を聞くたびに落ち込むものの、

同時に陰性だった場合に、落ち込みたくないという防御態勢の思考から

悪い結果を事前に予測しておくみたいな

変な思考にも陥りかかっていました(笑)

医師のイラスト愛媛県松山市つばきウイメンズクリニック

しかし、いつもそこで担当の先生が救ってくれたんです!

「ソラさん、必ずゴールにはたどり着きますから」

「がんばっていきましょうね」って

言えます?!

こんなにも力強い言葉

私は、先生のこの言葉に何度救われたことか!

先生すごい!

言葉ってすごい!

先生に着いていこう!と何度もそこで決意を固めました。

ストックしていた初期胚と胚盤胞は全て使い切りましたので

次回は、3回目の採卵に挑むことになります。

お会計5月~7月

愛媛県松山市不妊治療つばきウイメンズクリニックへ支払

この期間、助成金はありませんでしたので、全て自己負担となっています。

採卵ほど高くはないですが、移植だけでも結構な金額が毎月かかっていました。

2017年5月のお会計メモ
日 付 支払い
5月 1日 5,740円
5月 6日 16,470円
5月 15日 19,300円
5月 19日 136,910円
合 計 178,420円

2017年6月のお会計メモ
日 付 支払い
6月 3日 5,890円
6月 10日 11,320円
6月 19日 23,610円
6月 24日 136,910円
合 計 177,730円

2017年7月のお会計メモ
日 付 支払い
7月 8日 5,890円
7月 14日 15,610円
7月 22日 13,090円
7月 29日 136,460円
合 計 171,050円

※上記は、当時の支払額です(基本的に10割負担)
令和4年4月から不妊治療は保険適用されています

タイトルとURLをコピーしました