【体験談】30代後半からの不妊治療⑩ 体外受精開始

不妊治療について

こんにちは、ソラです。

年明けとともに、いよいよ体外受精の準備に入りました。

体外受精って?

女性の卵巣から卵子を取り出し、その卵子と男性から採取した精子を体外で授精させ、その受精卵を培養し、良好に育った胚を子宮内に戻すことです。

良質な卵を育てる

採卵に向け、卵を育てていく準備に入りました。

『良質な卵を育てる』って

今まで生きてきて、全く意識していなかった部分ですよね。

”あ、自分は人間という前に、動物(哺乳類)”だったんだ、というか

”動物の中の、人間という種類”なんだというか。

不妊治療を始めて、初めて意識した部分でした。

普通に会話の中で、『いま、良い卵を育ててるところなの』なんて、出てきませんからね。

という訳で、良質な卵に育てていくためHMG自己注射と、処方されたお薬やサプリメントをとるという日々を送りました。

HMG自己注射

注射のイラスト愛媛県松山市つばきウイメンズクリニック

前回使用したゴナールエフ皮下注ペンと比べてみると、HMGの針は長く『ザ・注射』という感じでした。

やはり打つ前は、躊躇してしまいますね。

が、、、

前回お伝えした通りのやり方で、乗り切りました。

●5回目の人工授精のお話はこちら
 ↓ ↓ ↓ 
 30代後半からの不妊治療⑧ 5回目の人工授精

“良質な卵”を育てるためです。

こんなこと、大したコトではありません。

採卵日前々日の準備

採卵日の前々日の22時と23時にブセレキュアは点鼻薬を左右に1噴霧(ふんむ)します。

確実にするため、鼻に入れる前に2,3回空打ちをし確認します。

しっかりと噴霧できるよう、落ち着いて行いました。

採卵日前日の準備

前日は、特にするコトはありませんでした。

明日の施術後、出血がある場合に備え、生理用ナプキンを持参するカバンに入れておくくらいです。

そして明日、採卵日当日は、朝7時に病院へ行く必要があるため早めに就寝するようにしました。

採卵が上手くいくことを祈りながら・・・

タイトルとURLをコピーしました