【体験談】39歳の不妊治療⑭ OHSS入院生活と2回目の受精結果

不妊治療について

こんにちは、ソラです。

2回目の採卵でOHSSになり入院することになりました。

前回のお話はこちら
↓ ↓ ↓
39歳の不妊治療⑬ 2回目の採卵とOHSS

OHSSで入院生活

採卵3日後の朝から、OHSSで5泊6日の入院となりました。

これから点滴生活の始まりです。

お腹は、だんだんと妊婦さんのように大きく膨れていき、息苦しく

体重は、どんどんと増え通常の体重+9㎏まで増えました。

そして微熱も出て、夜横になって寝れない完全に横になると苦しいので

体を起こして休むという日が2日ほど続きました。

これは、本当に苦しかったです。

日中もただただ、ベットで安静にしておくというものでした。

入院生活で嬉しかったこと

赤ちゃんが見れたこと

赤ちゃん愛媛県松山市不妊治療つばきウイメンズクリニック

入院している病棟は、妊婦さんも入院されていたので、受付の方まで行くと生まれたてほやほやの赤ちゃんを見ることができました。

ガラス越しに見る、その赤ちゃんたちは、本当に天使みたい

夫に『天使がいたよ!』と伝えたくらい

”この子たちは、さっきまでお母さんのお腹の中に居たのよね”

と思うと、生命の神秘というか、なんとも不思議な気持ちになりました。

病院食

毎食、お祝い御膳のような豪華な食事が提供されました。

妊婦さん中心に入院されているからだと思いますが、3食おしゃれで豪華な食事が運ばれてきました。

OHSSの症状がキツイ時には、あまり食べられませんでしたが、症状がだいぶ落ちついた頃には、食事の時間が楽しみになりました。

夫の面会

夫が仕事帰りにパジャマなどの着替えを持って、病室に寄ってくれました。

個室だったので、夫に自分の食べる分は買ってきてもらい、私一人では食べれない病院食をシェアして一緒に食事をとり今日あったことなどを話したり

19時までの面会だったので滞在時間は一時間位でしたが、来てもらえると気がまぎれ安心しました。

2回目採卵の受精結果

結果から言うと、

23個採れた卵のうち

4個が受精し育ちました。

内訳は、

初期胚 2個

胚盤胞 2個

OHSSになってしまったけど、、、

23個の卵から、4個の受精卵が生まれ、ひとまず無事に成長してくれました。

わーい!

すでに、この状態で愛しいわが子です。

不妊治療を経験されてる方なら、この気持ち分かっていただけるはず(たぶん)

タイトルとURLをコピーしました