【体験談】30代後半からの不妊治療⑤ 2回目の人工授精

不妊治療について

こんにちは、ソラです。

前回、『卵管鏡下卵管形成術』を受け、今回は2回目の人工授精に臨むことになりました。

『卵管鏡下卵管形成術』について読みたい方はこちら
↓ ↓ ↓
30代後半からの不妊治療④ 卵管鏡下卵管形成術

2回目の人工授精

2回目の人工授精に向け卵を育て、前回の通院時に排卵を誘発する注射も打ち、準備は万端です。

そして人工授精の当日、前回と同じ手順で、夫が朝一で精子を採取し、出勤前に病院へ持って行きます。

私の方は、夕方まで仕事をして病院へ行きました。

2回目なので、特に緊張はしませんでした。

内診によると、排卵は昨日のお昼頃の確立が高いということでした。

うぅ、残念(>_<)

しかし、人工授精は行います。

前回と同じ手順で進んでいき

「では、入れていきますよー」

という感じで、まずは器具が入り、次に精子といった順番です。

ものの数分で終わり、待合室に戻っていきました。

卵子の寿命

出来れば、今日のタイミングで排卵したかった、、、

ですが、どうしようもないですね。

こればっかりは。

昨日のお昼頃となると、、、排卵から

29時間ほど経過しています。

高齢である私の卵子の寿命は、いかほどか?

卵子の寿命は24~36時間と聞きますので

可能性は?

なくはない。といったところでしょうか。

精子について

夫の精子については、

精液量3.3ml  濃度9000万

運動率73.3%  奇形率53.3%

こちら問題はありませんでした。

精子の寿命は一般的に48時間~72時間であるといわれていますので

こちらは、約3日ですね。

2回目の人工授精の結果

人工授精から5日後に出血があり、通院すると

今回の出血は生理で間違いないとのこと。

薬の影響で周期が短くなったようでした。

次は元に戻るとのことで、セキソビット(卵を育てる薬)5日分処方されました。

なんとなく、、、

『今回妊娠は、難しいかなぁ』

と感じていたので、想定内の結果となりました。

残念は、残念ですが。

治療費

愛媛県松山市つばきウイメンズクリニックへ支払い

2016年9月のお会計メモ
日 付 支払い
9月 13日 3,470円
9月 17日 28,490円
9月 23日 2,150円
9月 30日 6,640円
合 計 40,750円

※上記は、当時の支払額です(基本的に10割負担)
令和4年4月から不妊治療は保険適用されています

タイトルとURLをコピーしました