和霊神社で参拝 愛媛県宇和島市

神社・お寺めぐり

こんにちは、ソラです。

愛媛県宇和島市にある和霊神社へお参りに行ってきました。

和霊神社へ参拝

和霊神社の社殿は、四国でも指折りの大社ということで

石造りの大鳥居、立派ですね。

和霊神社鳥居

神幸橋(みゆきばし)

こういう橋、アーチ橋って言うんですかね?

なんかいいですよね。

神幸橋(みゆきばし)

この橋を渡るとき、いつも一休さんの『この橋渡るべからずの話』を思い出します。

私はいつも、なるべく端の方を通って渡りますが。

宇和島市和霊神社

一礼して中へ

おじゃまします。

愛媛県宇和島市和霊神社

右斜め上に天狗さんがいますね。

強そうです。

和霊神社てんぐ

左斜め上には、お多福さんもいました。

ユニークな目つきですね。

笑ってるのかな。

和霊神社お多福

ご神木と手水舎がありますね。

手水舎は、コロナのため使用できなくなっていました。

手はきれいにしてるので、大丈夫ですかね。

そのまま進みましょう。

和霊神社ご神木と手水舎

階段を上りました。

広々してますね。

和霊神社

大絵馬がありました。

和霊神社大絵馬

拝殿

お賽銭を入れて、お参りします。

名前と住所を名乗り、日ごろの感謝の気持ちを伝えます。

和霊神社

あ、牛鬼がこちらを見てますね。

牛鬼

こんにちは

和霊神社牛鬼

お参りしたので、ぐるっと一周まわります。

和霊神社

社務所と授与所

社務所と授与所

おじゃましました。

参拝して、気持ちスッキリです。

息子を授かる前は、神社に行くと必ず『赤ちゃんができますように…』とお願いしていました。

いろんな神社で。

今は、おかげ様で健康に育っています。

ありがたいですね。

和霊神社の由来

<宇和島観光ガイドより引用>

藩政草創に尽力しながら、凶刃に倒れた功臣、山家清兵衛をしのぶ神社です。

漁業を中心に広く産業の神として、中四国で崇められている和霊信仰。その総本山といえるのが、この和霊神社です。

祭神である山家清兵衛(やんべせえべえ)は、米沢の生まれ。伊達秀宗の元で、産業の拡充、民政の安定に手腕を発揮した清兵衛ですが、元和6年(1620)凶刃に倒れました。その後この事件に関与した者が相次いで海難や落雷で変死したため、人々は清兵衛の怨霊だと恐れ、その霊を城北の地にまつりました。それが和霊神社の始まりです。

信仰は今も厚く、7月23・24日の和霊大祭は四国の有名な祭りの一つでもあります。

和霊神社の情報

◆宇和島市和霊町1451

◆0895-22-0197

◆駐車場 無料 普通車15台/観光バス4台

公式HP

◆MAP

和霊神社は、和霊公園と隣接しています。

参拝のついでに、散歩したり、お子さんと遊んで帰るのもいいですよ!

和霊公園について読みたい方はこちら

SLの展示がある和霊公園 愛媛県宇和島市

タイトルとURLをコピーしました